UD/ND
UD/NDとは
ブログ
ショップ
会社概要
お問い合わせ

素材と仕上げの話


お問合せ・ご相談
tel. 0574-54-2222
fax. 0574-54-3477
OPEN  8:00 → CLOSE  17:00
定休日 土・日・祝
UD/NDとは
  • ユニバーサルデザイン宣言
  • メーカー紹介
UDpointとは
車いすでも一緒に食事がしたいは
車いすでも快適なリビングにしたい
ケアハウスで気持ちよく暮らしたい
ブログ
ブログ
家具の話あれこれ
  • 家具のお手入れ方法
  • 素材と仕上げの話

素材には個性があり、家具に表情を与え、機能性を高めます。
素材の特徴を知ると、家具の理解もぐんと深まります。

木部

[ 樹種 ]

UD/NDの木部に使われている木は、タモ材です。タモは種類が多く、英語でアッシュと呼ばれています。堅く粘りのある材なので、野球で使うバットの材料としても使われています。はっきりとした力強い年輪が特徴で、タモ特有の伸びやかでくっきりとした木目が和洋どちらのインテリアにも合う素材感といえます。

 

[ 無垢材 ]

一本の原木から切り出した木材のこと。天然木本来の質感や風合いに魅力があります。無垢材は「木」そのものであるため、ずっと呼吸を続けています。天然木の一番の特徴でもある調湿作用によって湿度や乾燥に反応し、年月と共にわずかながらに伸縮したり、湾曲したり、置かれている環境によって経年変化をしていきます。色味も深くなり、キズや汚れなども家具とともに過ごした味わいとなっていきます。

 

[ 突板 ]

木目を美しく活かして無垢材をスライスした薄い板が突板です。これを合板やMDFに貼り、テーブル天板や箱もの家具に使うのが突板です。最近では、素材感を持ったプリント紙やフィルムでの仕上げも多くありますが、突板は天然木なので、無垢材と同様に、呼吸をしながら木の風合いを深めていきます。最良の木材は無垢材と思われがちですが、使う場所によっては反りや狂いが生じやすい無垢材よりも突板のほうが適しています。しかも、コストを抑え、木材をむだなく有効に活用することで環境にも優しい、というメリットもあります。
UD/NDで採用している突板の厚みは0.4~0.5mm。0.2mmほどの突板が多く使われている中で、2倍以上の厚みにこだわるのは、仕上がりの違いに差が出るからです。厚さ0.2mmだと、研磨したときに下地が透けたり、突板同士の接合部で面取りができません。厚い突板だと十分に研磨しても透けることはなく、角も無垢材のような木質感をだすことができます。

ウレタン塗装

ごく一般的な塗装で、多くの家具はウレタン塗装です。木の表面に塗膜を造り、表面に強度を持たせます。木材の表面を硬く覆って保護するため、傷や汚れが付きにくいのが特徴です。
UD/NDでは、温かみや木の素材感を活かすため、塗膜が薄くて、木部の表面を完全に塞がないオープン仕上げを採用しています。場合によって水などがしみこむこともありますので、普段のお手入れは布巾を湯または水で固く絞り拭いてください。

撥水加工ポリエステル

撥水加工したファブリックを使用しています。この加工によって、防カビ機能をそなえ、素材感を損なうことなく、いつまでも手触りの良さと色の美しさを保ち、快適にお使いいただけます。

合成皮革

PVC(塩化ビニル樹脂)を使用しています。「革の代用品」として人工的につくられた素材で、革のような外観の演出ができる上、安価で、水を弾く為、汚れがつきにくく、メンテナンスも容易です。

戻る
ページトップへ